サイトメニュー

除去を望むときは

女性

再発なしの除去方法

顔にあるほくろは、決してマイナスの印象だけをもたらすものではないため、似合っている方も多くいます。しかし、似合っているといわれたとしても、コンプレックスなら自身の意見を尊重して、取ることを考えましょう。美容クリニックでプロの施術を受ければ、たった10分程度で、顔からほくろを消滅させてくれます。切り取る方法から、特殊なレーザーの照射で消し去る方法まで、いろいろな施術方法が用意されているため、いずれかでほくろを退治してもらいましょう。なお、美容クリニックがほくろを取りたい方に人気になっている理由は、施術方法をきちんと選べば、ほぼ100パーセントの確率でなくせるからです。世の中にはもぐさや除去クリームを使って、自宅で取っている方もいまが、それらの方法では100パーセントとはほど遠い成功率だといえるでしょう。その証拠に、もぐさや除去クリームの失敗談を検索してみれば、効果がなかった方の声をたくさん聞くことができます。一方の美容クリニックのほくろ除去なら、根までしっかりと取ってもらえば、再発することもありません。そして、切除をしたとしても、跡が残らないのもプロの施術を受ける大きなメリットです。自宅で行える除去方法は、肌に大きな負担をかけるため、周りによい印象を与えない跡が残ってしまう可能性が高いです。つまり、『自宅での除去に成功して黒さはなくなったけれど、赤い跡が残った』という状況が十分にありえます。美容クリニックならば、黒色を消し去って、赤色を残すこともないため、マイナスポイントがない肌をしっかりと実現できます。ほくろを除去してもらいたい方は、施術による肌へのダメージが抜けるまでの、ダウンタイムを気にしているかもしれません。確かに、ボトックス注射や二重への整形などと同じように、ダウンタイムがありますが、決して長いものではないので安心しましょう。どのくらいのダウンタイムが必要かは、受ける施術方法によって異なりますが、大体一週間程度といわれています。詳しい話は美容クリニックに聞けば教えてくれるので、気軽に電話をかけてみましょう。また、レーザーを使ってほくろを除去してもらったときは、日焼けに気をつけなければいけません。レーザー脱毛と同じで、紫外線の効果をまともに受けるようになるので、きちんと日光から施術箇所を守るようにしましょう。ちなみに、守るといっても日光を浴びてはいけないのではなく、日焼け止めを使えばよいだけです。もちろん、特別な日焼け止めを購入する必要はないので、ドラッグストアで強めの紫外線防止効果のある製品を購入して塗りましょう。なお、気軽に質問するのではなく、本気で質問したいのなら、カウンセリングを受けなければいけません。それは、簡単に質問できる電話やメールなどは、ドクターではなくスタッフが答えてくれるケースが多いからです。そのため、医学的な意見を聞きたいのなら、ドクター自身がカウンセリングをしている美容クリニックを探して、そこでほくろについて相談してみましょう。専門家が目の前で分かりやすく説明してくれるため、不安なことをすべて解消できます。ただし、ほくろ除去にかかる料金を確かめたいのなら、ドクターではなくスタッフに聞いたほうがよいです。

美容整形で綺麗に除去を

男性医師

メラノサイトの集合体であるほくろは、早めに除去するのがおすすめです。悪性の症状も稀にあるので気になる方は早めに医療機関で検査を受けましょう。ほくろ治療にはさまざまな方法がありますので、施術方法でクリニック選びをするのが得策です。

詳しく見る

アレは意外と簡単に取れる

診察

レーザー、メスなどを使ってほくろを取り除く治療はだいたい10,000円から30,000円ほどが平均的な費用と言われています。レーザー治療なら跡も残りにくく、1mmサイズのほくろなら5分もかからずに施術が終わるため、気軽に利用できるでしょう。

詳しく見る

短時間の治療で除去できる

女性

クリニック選びに際してはほくろ治療の症例数や仕上がりの美しさ、さらに料金やサービス内容も事前に確認しておくことが大切です。基礎知識としてほくろはメラニン色素が原因でできます。治療法はメスを使った切開法やレーザー治療などがあります。

詳しく見る

Copyright© 2018 ほくろがコンプレックスなら取り除いてもらお!|いろいろな施術方法 All Rights Reserved.