サイトメニュー

短時間の治療で除去できる

女性

医師の審美的センスも重要

現在は美容整形や美容皮膚科クリニックの施術を受けることで簡単にほくろの除去ができます。多くのクリニックが取り扱っている施術だけに料金やサービス内容などにもそれぞれ差異があり、クリニック選びは満足いく治療のための重要な一歩です。クリニックを選ぶときに意識しておきたいポイントの1つは、術後の仕上がりの美しさについてです。ほくろを取るだけなら美容医療の中でも比較的簡単な部類の施術ですが、跡を残さず綺麗な仕上がりを可能とするのは医師の腕や美的センスが必要とされます。そのため症例数が豊富でモニター写真も積極的に公開している、実績のある医師が居るクリニックを選ぶのが望ましいです。料金についても事前に確認しておくことで、トラブルの回避に繋がります。一般的にほくろ治療は施術箇所が増え、その面積が大きいほど料金が上がります。術式も切開法よりもレーザー治療の方が安いといった料金傾向があるため、サービス内容も含めた料金の適正価格についても検討してからクリニックを決めます。またアフターケアや保証制度が充実しているかどうかもクリニック選びの欠かせないポイントです。ほくろは大きさや術式によっては再発することもあります。そのような場合に再治療の仕組みがどうなっているか確認しておくとより安心して施術に臨めます。このように事前に確認が可能な情報については調べておき、その上で信頼できそうなクリニックに実際に足を運んでカウンセリングを受け、医師との相性も確かめた上で最終的な判断を下すのが理想です。はじめに知っておきたいのが、ほくろの仕組みについてです。皮膚にはメラノサイトと呼ばれるメラニン色素が含まれていますが、この色素が他の部位よりも密集しているとそこだけ色が黒ずんで見えます。母斑の一種であり、医学的には色素性母斑に分類されます。ファンデーション等でほくろを目立たなくすることは可能です。しかしそれを消すためには美容クリニックなどに受診して除去してもらうしかありません。現在では安全で手早い治療法も確立されており、数十分の施術で除去できます。治療法は複数あり、電気分解法や切開法、そして最近ではレーザー治療の導入が進んでいます。これらの治療法はそれぞれメリットやデメリットがあるため、基礎知識としてそれらを知っておくとクリニックを探す場合にも役立ちます。例えば先に挙げた電気分解法は治療時間が短くて済みます。しかしデメリットとして大きなほくろの除去は難しく、焦げ目ができる恐れがあります。切開法はメスを使うためダウンタイムが長めですが、一方で直径の大きなものでも綺麗に除去できます。またレーザー治療は再発のリスクがありますが、痛みや傷が少ないため治りが早いという特徴があります。治療後にほくろが再発するかどうかを心配する方もいます。再発する原因はほくろの細胞が完全に取り除けなかったことによるものです。また肌が白かったり、シミなどが出来やすい体質の方も再発しやすい傾向にあります。前述のようにレーザー治療で起きやすいため、多くのクリニックでは再治療の保証を行っています。

Copyright© 2018 ほくろがコンプレックスなら取り除いてもらお!|いろいろな施術方法 All Rights Reserved.