サイトメニュー

美容整形で綺麗に除去を

男性医師

豊富な治療法から選ぼう

ほくろは皮膚にメラノサイトが集中することで発生する母斑の一つです。ほくろはチャームポイントになることもありますが、数が多すぎるとコンプレックスになることが多いです。放置しておくと盛り上がって大きくなることがあるため、気になる方は早めに除去しておきましょう。良性の場合は放置しても健康上は問題ありませんが、盛り上がってしまうと爪などを引っ掛けることがあります。その際に出血するケースもあるので、必要に応じて除去をします。この場合は原則として健康保険の使用ができますが、美容整形で施術を受ける場合は美容治療となるため保険の適用外です。ほくろには悪性のタイプもあるので、気になる方は医療機関で診断を受けてみましょう。病理組織検査で悪性かどうか判断し、手術ですべて除去するのが確実な方法です。症状によっては放射線治療をすることもありますが、一般的な医療機関では対応していないことが多いです。美容に関わるほくろは除去することで顔のイメージが大きく変わってきます。最も目立つのは顔に発生する症状で、隠すことができないのがデメリットです。一人につき平均して10個程度はあると言われており、発生する場所によっては大きなコンプレックスになります。他人は気にしていなくても、コンプレックスとは自分自身の問題なのです。自分にとって辛い症状であれば、早めに改善するのが得策でしょう。現在はメスによる切除術のほかにもレーザー治療が発達しており、気軽に治療を受けることができます。メスで完全に除去してしまえば再発する可能性は非常に少ないです。自分で除去ができない肌トラブルがほくろで、最終的に医療機関で除去するしかありません。美容クリニックを利用するメリットは綺麗に目立たなく治療できること、さまざまな治療法が用意されていることです。美容目的の施術には健康保険が使用できませんが、仕上がりは非常に綺麗になります。オーダーメイド施術ができるのが特徴で、患者側の希望をそのまま反映できます。切除術は根本解決に最適で、5mmを超える大きさのほくろに使用されるものです。かなり大きいものは複数回の手術で少しずつ小さくし、最終的に組織をすべて除去します。それほど大きくないほくろであれば、くり抜き法による施術が用いられることもあります。こちらも組織をすべて除去するので再発の心配はありませんが、ケロイド状の傷跡が発生するケースがあるのが注意点です。メスを使用しない方法には炭酸ガスレーザー施術があり、組織をレーザーで破壊していきます。出血が少なくて術後の状態がよいのが特徴で、気軽に受けられる方法として人気があります。クリニックによっては冷凍療法を導入しており、液体窒素を活用して除去するものです。施術方法によって健康保険が適用になるケースがあるので、事前にクリニックに確認しておきましょう。具体的な施術方法はインフォームドコンセントにより、医師と患者側がよく話し合った上で決定していきます。医師にとって最適と思われる方法でも、患者側にとって負担が大きければ他の方法になることも多いです。治療法が数多く用意されているクリニックほど、患者側の選択肢が豊富になります。

Copyright© 2018 ほくろがコンプレックスなら取り除いてもらお!|いろいろな施術方法 All Rights Reserved.