サイトメニュー

アレは意外と簡単に取れる

診察

美容整形の基礎を知る

他人から見ればトレードマークのように思えたり、特徴のひとつと見られがちですが、自分では自分のほくろをコンプレックスだと感じている人も少なくはないでしょう。ほくろというのは生まれつきのものもあれば、メラニン色素が定着してしまったものもあり、どちらにせよ自分で取り除くことはできません。だからこそ美容整形の力を借りて取り除くという方法が最も効率的ですし、安全で確実と言えるのです。まず知っておきたいこととして、除去方法にはいくつか種類があるという点が挙げられます。最初に挙げられるのはレーザーを使う方法で、レーザーが肌の黒い部分に反応して除去する方法で、痛みも感じにくく、短期間で取り除けるという良さが魅力です。ただし、あまりにも大きいほくろの場合には切縫法と呼ばれる施術方法しか選べないこともあります。ある程度の大きさがあると、皮膚の深い部分にまで根が達していることがあり、この根を完全に取り除けないと再発してしまう可能性があるのです。そのため、大きいものに関してはメスを使って根本からしっかり取り除く施術が必要になります。とはいえ、傷跡が目立たないよう施術には細かな配慮がなされますし、糸で縫い合わせる範囲も極めて小さくするのが通例です。なお、あまりに大きい場合は病理検査(ほくろが悪性腫瘍でないか調べる検査)が必要になるため、病院に行ったからといってすぐに取り除けるわけではありません。メスを使うとしばらくは傷跡が赤く残りますから、結婚式や成人式といったイベントに間に合わせたいならできるだけ早めにスケジュールを組んでおきましょう。美容治療は基本的に保険適応の範囲外ですから、治療にかかった費用は10割負担が通例です。さらに、施術に使う機械や施術範囲なども人によって違うため「ほくろ治療にかかる料金」を具体的に提示するのはとても難しいといえるでしょう。ですから、これはあくまで目安の金額とした上で、実際にかかる費用はドクターに聞いてから判断することを推奨します。まず、ホクロ治療は範囲やその数によって料金が変わることが前提とされているものです。例えば1ミリ未満と小さなサイズのものであればだいたい5,000円〜10,000円ほどとかなり安価で、施術台や診察料などを含めても20,000円以内におさまるでしょう。一方で1センチを超えるものや厚み・高さがあるものの場合は30,000円〜50,000円くらいを目安に考えておきましょう。メスを使った除去を選んだ場合、その後の通院回数も多くなりますから、さらに10,000円前後の料金が上乗せされると考えておいたほうが良いかもしれません。加えていうと、実際にほくろ除去治療を受けた人の体験談や記録などをブログやSNSなどでチェックすると、病院の評判がわかるだけでなく、料金の参考にもなります。しかもSNSやホームページなどで施術の割引クーポンや期間限定で使える値引きコードなどが配布されていることもあるため、これらをチェックする意味でも情報収集は怠らないようにしましょう。人の目を気にしてしまう、ほくろのせいで勇気が出ないという場合には、美容整形であとも残らないくらいに綺麗に取り除いてもらってはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 ほくろがコンプレックスなら取り除いてもらお!|いろいろな施術方法 All Rights Reserved.